Home / toppage / 企業情報 / 沿革

沿革

1945年 森川鋳造所として創業、軽合金鋳造を開始
1946年 森川産業株式会社に改組
1949年 鋳鉄鋳造を開始すると共に、機械加工部門を創設
1952年 本田技研工業株式会社様との取引開始
1953年 長野県千曲市鋳物師屋に本社工場を開設
1957年 西ドイツからシェルモールド鋳造法の技術導入
1961年 冷凍空調用バルブ・液体ポンプの製造を開始 長野県千曲市寂蒔に千曲工場(第二工場)を開設
東京都に森川興業株式会社(現 株式会社モリカワ)設立
1963年 愛知県額田郡幸田町に幸田工場(第三工場)を開設
1969年 キューポラ操業から電気炉操業(5t炉3基、3t炉2基)へ全面切り替えを行い、地域環境改善を実施
1975年 長野県長野市松代町に松代工場を増設(工機部門・環境機器部門)
1976年 松代工場の業務拡大に伴い分社、長野県千曲市寂蒔に千曲技研工業株式会社を設立
1977年 幸田工場(第三工場)の工機部門を千曲技研工業株式会社へ合併
1979年 ディサマティック造型機(DMM Mk1 type A)を導入
1981年 自動車用エキゾーストマニホールド専用加工機を導入(素材メーカーから完成部品メーカーへの脱皮)
1985年 消失模型鋳造法(ロストフォーム)による、自動車部品量産技術を開発、
ロストフォームによる自動車用ベアリングキャップの量産を開始
長野県千曲市八幡に八幡工場を開設
1989年 消失模型鋳造法の確立により日本鋳造協会『豊田賞』受賞
電子機器部門を新設 千曲技研工業株式会社および株式会社エムジーアイを合併
1994年 高周波電気炉(5t炉1基、1.5t炉1基)を増設
三菱重工業株式会社様との取引開始
1995年 ロストフォームによるベアリングハウジングの量産を開始
ディサマティック造型機を最新式DMM Mk5 type Bに更新
1996年 石川島汎用機械様(現 IHIターボ)との取引開始
ISO-9001認証取得
1999年 プラント機器事業をエムジー環境エンジニアリング株式会社として分社
2003年 本田技研工業様より『品質部門・優良感謝賞』受賞
ISO-14001認証取得
2005年 本田技研工業様より『品質部門・優良感謝賞』再受賞
2010年 高周波誘導電気炉2基を更新
2012年 中国上海に信森鋳造科技(上海)有限公司を設立
中国大連に大連森川産機環境設備有限公司を設立
 

お気に入り ページトップへ
森川産業株式会社