Home / 技術情報 / 精密鋳造 - 鋳造製品 / 生砂型鋳造法 DISAMATIC

生砂型鋳造法 DISAMATIC


特性特色

DISAMATIC 2013 Mk.5 B-type

グリーンサンド(生砂)は鋳込み後にドラムクーラーにて一時散水を行い、加水ミキサーにて約2.0%に水分量を調整し80tonのサンドピンで約2時間、回収砂を滞留させることにより混練砂の安定化を図っています。また、注湯方案は流動・凝固シミュレーションを活用し、最適な状態での生産を行っています。

製造工程

製造工程

1 スチールスクラップを使用し、分光分析機にて成分管理を徹底しています。高速造型機に対応する為、保持炉を介して出湯します。
2 造型・・・デンマーク製ディサマティック縦型・無枠・高速自動造型機です。生砂は全てリサイクル処理を行い、複雑な中子を用いた製品を中心に生産しています。
3 鋳込・・・全て手鋳込となっています。厳格な温度管理と、熟練工による妥協の無い技術が支えています。
4 型バラシ・・・ドラムクーラーで製品と生砂を分離・冷却をした後に、ゲートペッカーで方案と製品をバラシます。
5 ショットブラスト・・・揺動式の連続式ショットブラスト機内でスチールボールをぶつけて、表面に付着した生砂を取り除きます。
6 仕上げ・・・両頭グラインダー・自動グラインダーを用いて、堰や型割バリを規格値内に取り除きます。
7 外観検査・・・検査基準書・限度基準書を基に、全数目視検査を行っています。形状が入り組んだ製品はファイバースコープを使用して検査をします。
8 熱処理・・・自己焼鈍(SA)が基本ですが、製品に依っては協力メーカー様にて熱処理を施し、歪除去を行います。
9 出荷・・・防錆・防塵・緩衝に配慮した梱包後、方面別専用便にて出荷しお客様へ製品を指定日にお届けします。

製品紹介

製品紹介

製品名 デフケース タービンハウジング
材質 FCD550 HI-SI-FCD
素材単重 1.2kg~3.8kg 1.5kg~7.8kg
製品名 ベアリングハウジング ハブキャリア
材質 FC250 FCD450
素材単重 0.8kg~3.8kg 0.6Kg~2.0kg
製品名 シリンダースリーブ ベアリングキャップ
材質 PV-FC FC250
素材単重 0.6kg~3.0kg 0.6kg~1.5kg
製品名 ギヤケース
材質 FC250
素材単重 8.0kg~13.8kg

 

お気に入り ページトップへ
森川産業株式会社