Home / 技術情報 / 精密鋳造 - 鋳造製品 / 消失模型鋳造法 LOSTFOAM

消失模型鋳造法 LOSTFOAM

特性特色

Lost-foam casting

ロストフォーム消失模型鋳造法(ロストフォーム)は、目的に応じて加工された発泡模型に耐火材を塗布(塗型・・・コーティング)したものを鋳型とし、これを乾燥砂の中に埋設し鋳型に直接金属溶湯を注湯。発泡模型は金属溶湯の高温(約1400℃)で瞬時に消失し、直後に溶湯と置き換わる事で鋳物製品を製造する方法です。弊社では自動車部品を中心に生産していますが、美術工芸品など幅広い分野でこの鋳造法が採用されています。

製造工程

製造工程

1 溶解・・・高周波電気炉2基にて厳選された銑鉄とスチールスクラップを使用し交互出湯対応しています。分光分析機にて成分管理を徹底しています。
2 成形・・・国内でも稀な発泡を溶かして鋳鉄と置換する製法ですので、最初に発泡モデルを成形します。乾燥後に方案と共に組立て、塗型(コーティング)を施します。
3 造型・・・金属製の箱(フラスコ)に発泡モデルを入れた後、乾燥砂を落とすと同時に振動を加え隅々まで砂を充填させます。
4 鋳込・・・全て手鋳込となっています。厳格な温度管理と、生砂とは違った素早いタイミングでの鋳込みを要します。
5 型バラシ・・・冷却ゾーンを通過後、専用油圧機械での自動バラシを行ない、乾燥砂と方案と製品を分離します。
6 ショットブラスト・・・バッチショットブラスト機内でスチールボールをぶつけて、表面に付着した生砂を取り除きます。
7 仕上げ・・・製品部に中子を使用していませんので基本的にバリは出ません。湯口・押湯部分のみグラインダーやプレス機を使用して除去します。
8 外観検査・・・検査基準書・限度基準書を基に、全数目視検査を行っています。形状が入り組んだ製品はファイバースコープを使用して検査をします。
9 熱処理・・・自己焼鈍(SA)が基本ですが、製品に依っては協力メーカー様にて熱処理を施し、歪除去を行います。
10 出荷・・・防錆・防塵・緩衝に配慮した梱包後、方面別専用便にて出荷しお客様へ製品を指定日にお届けします。

製品紹介

製品紹介

製品名 デフケース キャリパーボディ
材質 FCD550 FCD450
素材単重 1.2kg~3.8kg 1.5kg~3.0kg
製品名 ベアリングハウジング フレーム
材質 FC250 FC250
素材単重 0.8kg~3.8kg 8.0kg~13.8kg
製品名 ハブキャリア
材質 FCD450
素材単重 4.0Kg

 

お気に入り ページトップへ
森川産業株式会社