Home / 海外拠点 / 上海森川 鋳物生産のご案内

上海森川 中国での鋳物生産のご案内

信森鋳造科技(上海)有限公司 | Casting in China

中国での鋳物生産を承ります。

「高品質かつ低価格製品の安定供給で国際競争力を高める」

森川産業は中国上海に海外拠点となる現地法人を設立しました。また、山西省晋城市および江蘇省蘇州市の技術提携工場での鋳物生産を開始しました。世界最速のDISAmatic230自動鋳造ラインの導入により、生産性とコストパフォーマンスを飛躍的に向上、中国現地でニーズの高まる自動車部品や産業用部品などの精密鋳造に対応、中国国内はもとより、アジア各地、日本、北米、欧州などへ向けて高品質でローコストな鋳物の安定供給を実現しました。

工業製品の調達はグローバルな視野で実施されています。鋳物製品においてもグローバル調達のニーズが高まるなか、高品質かつ低価格な鋳物の安定供給によりお客様のコストダウンに寄与できるように森川産業は中国蘇州の鋳物工場と提携、中国における鋳物生産を開始致しました。高品質な製品の安定供給には、優れた技術力と人財、ネットワークが必要不可欠です。精密鋳造メーカーとして、これまで培われた信頼と実績を最大限に活かし、品質はそのままにコストダウンを可能にします。

世界最大規模に躍進し、現在も世界一の座を保つ中国の自動車産業。自動車部品用はもちろん、産業用機械部品の鋳物の仕向地としても世界最大規模を誇ります。納品先が中国国内であれば、現地で鋳物を生産することにより関税や通関コスト、海上輸送費などを大幅にカットすることが出来ます。

品質は日本と同じです、森川産業がすべて保証します。材料調達から、鋳造・仕上げ・出荷・検査に至るまでのすべてを日本の技術と品質管理メニューに基づき生産、日本の鋳物工場と同等の製品をお届けします。また、森川産業の技術者が中国蘇州の工場に出向き、技術指導や管理工程のチェックを行うなど、徹底した品質管理をしています。納期に関しても森川産業が徹底して管理し保証します。

森川産業の中国提携工場は、山西省晋城市および江蘇省蘇州市の経済開発区に位置し、現在400人以上の従業員を擁しています。世界最速のデンマーク製DISAmatic自動成形鋳造ラインを導入する3つの鋳造工場では、自動車用部品・バルブ用部品・産業用部品のダクタイル鋳鉄3万トンの年間生産能力を有しており、60台以上のマシニングセンタ・CNC旋盤持つ加工工場は、年間60万個の精密機械加工部品の生産能力を有しています。


ダクタイル鋳鉄(FCD400・FCD600)、ねずみ鋳鉄(FC250) 相当など。

自動車用部品、バルブ用部品、産業用部品、軽合金鋳物、特殊鋳物、鋳造設備、など。

 

 

お気に入り ページトップへ
森川産業株式会社